黒ずみで皮膚科

肌に残るシミやソバカスなどの黒ずみは、どんなに他の部分が美しくてもせっかくの美人台無しにしてしまいます。

シミを除去するのに最も効果があるとされるのが、皮膚科でのレーザー治療です。

美容皮膚科でのレーザー治療の最大のメリットは、即効性が高いことです。

シミやソバカスなどの黒ずみができた部分に光を当てて焼いていくというもので、多少の痛みを伴うこともあります。

まれに失敗して、逆に黒みが増すということもありますが、医療ミスなど大きな出来事については今のところ報告されていません。

そして、もう一つが、あらゆる原因のシミ、ソバカスにも対応できることです。
特に、皮下組織の深部にまで達してしまったり、幼い頃から今までずっと残ってしまったソバカスなどにはレーザー以外には治療不可能とされてます。

熟練したノウハウと知識を持つ医師の中には、多くの女優やモデルなどといった職業への実績を持つ人もいます。
そのようなプロに施術される安心感という点でも、黒ずみにレーザー治療は人気があるようです。

レーザー治療に必ずつきものなのが、ダウンタイムという現象です。

ダウンタイムは、除去後一時的にその部分がかさぶたになって剥がれるなど、肌の見た目が治療前より悪化することです。
また、その間しばらくは肌がとても敏感な状態になり、スキンケアも通常より丁寧に行わなければなりません。

その状態がずっと続くわけではありませんが、実生活には大きな影響が出ます。

さらに、費用が高額であることです。

ほとんどの治療が保険の適用外になり、ある程度継続して施術します。

完全に除去されるまでには、平均的に4回から7回ほど必要になると言われています。

1回の治療費が1万円以上するものもあり、積み重なればかなりの負担になるでしょう。

黒ずみへの効果の大きいものには、必然的にさまざまなリスクがついてきます。

しかし、一度できてしまい、もうあきらめていたシミやソバカスなどの黒ずみ、長い間の悩みの種が消えるのであれば、治療費さえも高くはないかもしれませんね。