黒ずみにピーリング

毛穴の黒ずみが原因で、肌のくすみが気になる時の対処法として、ケミカルピーリングがあります。
しかし、肌への負担がかかる等のリスクもありますので、そのメリットと注意点についてまとめてみましょう。

ケミカルピーリングのメリットとは?

ピーリングというケア方法は、いくつか種類があります。

今主流となっているのは、ケミカルピーリングと呼ばれる方法です。

ケミカルピーリングは、肌に優しいとされる酸性のクリーム状の液体を表面に塗布し、古い角質を柔らかくして、黒ずみを取るやり方です。

使用されるのは、主にグリコール酸などAHAと呼ばれる弱酸性のもので、自然界にも存在し安全性が高いとされています。

また、ケミカルピーリングのもう一つのメリットは新陳代謝を高めることにより、皮膚そのものを内面から大きく改善させることにもつながります。
ですから、お肌の黒ずみにも効果があるんですね。

保湿の効果も期待できますが、やはりデメリットもあります。

ケミカルピーリングの注意点!

自然界にも存在する酸性の液体とはいえ、やはり薬品には変わりないので刺激を受けることになります。

施術後の肌は、大変敏感な状態になっているため、手入れを誤ると、ごくまれに黒ずみが悪化してしまうこともあります。

きちんとした医院やサロンなどでは、アフターケアの方法について、しっかり教えてくれる場合もあります。
しかし、ほとんどの場合は、保険適用外になるため完全自己負担です。

一回の治療でかかる費用は平均で1万円ほどになり、継続して行う必要があるため出費はかなりの金額に上ります。

出費のことを考えると、市販の小鼻用パックなどはかなり手ごろです。

しかし、自己判断で黒ずみケアを行うと肌への負担がとても大きくなったりもします。
十分注意して、黒ずみのケアを行う必要があります。

ケミカルピーリングは効果も高い代わりに、高額な出費を伴い、肌への刺激も心配です。
しかし、肌質を根本から改善できるなら、一度やってみる価値もありそうですね。